看護部看護部

トップ診療科目看護部

私たちは、地域の皆様に信頼される安全で心のこもった看護を提供いたします

  1. 患者様の人権を尊重し、患者主体の誠意ある看護を実践します
  2. 知識・技術を高め安全で質の高い看護を実践します

良い人間関係づくり、明るくあたたかい職場!

看護部長挨拶

昭和47年力丸病院として開院して以来、ずっと地域の皆様に支えられてまいりましたが、平成14年、全国でも数少ない本格的なリハビリテーションプールや血液透析の設備を備えた一般病床20床・亜急性期病床8床・回復期リハビリテーション病棟36床・療養病棟15床の総病床数79床の新生会病院としてリニューアルいたしました。
内科(消化器・循環器)整形外科・脳神経外科・リハビリテーション科、血液透析と急性期の患者さんから回復期まで小規模ながら幅広い看護を必要とされています。
看護師は医療チームの中で最も患者さんに近い存在であり、患者さんの良き支援者としてその人格を尊重し可能な限りその人らしい生活が送れるよう援助することが重要です。
そのためには豊かな感性と専門的知識や技術の習得に努め看護師自らが自律していくことが大切だと考えます。
私たちは常に知識や技術の習得に努め皆さまから信頼される看護の提供ができるよう努力しています。
又、外来と病棟、関連施設(老人保健施設・特別養護老人ホーム・介護付有料老人ホーム・通所リハビリセンター等)と連携した継続看護の提供に努めています。
看護師一人ひとりのキャリアアップ支援、また看護師が働き続けられるような、ライフステージに応じた支援も視野に入れているところです。
明るくあたたかい職場だからこそ信頼されるあたたかい看護が提供できると考え、これからも努力を惜しまず患者さんやご家族そして地域の皆様に信頼される看護を目指してまいります。

看護部長 松浦 貴子

看護体制

看護配置 一般病棟 10対1
回復期リハビリテーション病棟 13対1
療養病棟 20対1
勤務形態 2交代制
看護方式 受持ち制+チームナーシング
勤務時間

日勤 8:45〜17:30

早出
回復期病棟 
7:00〜15:45(月〜金) 
7:00〜10:45(土)
一般病棟 
7:30〜16:00(月〜金) 
7:30〜11:15(土)

遅出 9:45〜18:30
夜勤 16:30〜9:00

看護部長 松浦 貴子
看護副主任 渡辺 いつ子
看護副主任 渕 恵子
看護副主任 新貝 冨美代

看護部委員会

看護部教育委員会
活動内容
  • 業務改善
  • 業務マニュアル見直しと作成
  • 教育研修企画開催
看護部記録委員会
活動内容
  • 記録マニュアルの見直しと作成
  • 記録監査
  • 記録に関する研修企画開催
  • 看護必要度研修会企画開催
リンクナース委員会
活動内容
  • 院内ラウンド
  • 指導
NST委員会看護部
活動内容
  • NST回診
  • 研修

その他の委員会活動

院内感染防止対策委員会
院内感染防止を目的に医師・薬剤師・看護師など各部署職員からなる委員で構成され、毎月、委員会の開催や院内ラウンドなどを行っています。
活動内容
  • 委員会の開催(1回/月)
  • 院内ラウンド(1回/週)
  • 院内感染状況レポート作成(1回/週)
  • マニュアルの見直し及び作成
  • 院内研修(2回/年以上)
  • 院外研修参加
医療安全管理委員会
患者さんが安心して治療が受けられるよう安全で質の高い医療の提供の為に様々な取り組みを行っています。
医療安全管理委員会の下部組織「こかさん隊」は転棟転落防止に向けた取り組みを行っています。
活動内容
  • 委員会の開催(1回/月)
  • ヒヤリハット事例の収集と具体策の検討
  • ヒヤリハット報告の収集と分析と
    職員への周知
  • 安全パトロール(1回/月)と指導
  • マニュアルの見直し及び作成
  • 院内研修(2回/年以上)
  • 院外研修参加
  • 医療安全の為の提案(機器、設備など)
褥瘡対策委員会
「褥瘡をつくらない、悪化させない、早く治す」を目標に委員会活動を行っています。
活動内容
  • 委員会の開催(1回/月)
  • リスク患者さんの把握・情報の収集
  • 発生状況の把握・経過の把握と
    職員への周知
  • 院内研修(2回/年)
  • 院外研修参加
  • 除圧マットレスやクッション及び
    ドレッシング材の検討と提案
  • NSTのサテライトチームとして活動
    (委員会・NST回診の参加)
  • 皮膚科医師の回診(1回/週)
個人情報保護委員会
個人情報を適切に取り扱い信頼される医療機関であるよう委員会を設置し活動を行っています。
活動内容
  • 委員会の開催(1回/月)
  • 個人情報に関するヒヤリハット事例の収集と対策の検討
  • マニュアルの作成
  • 院内研修(1回/年)
  • 院外研修参加