新生会病院は、充実した医療設備と全国的にも数少ないリハビリテーションプールを備えた
北九州市八幡西区の病院です。



医療法人 新生会

新生会病院
福岡県北九州市八幡西区下上津役1-5-1
TEL:093-612-3100
お問い合わせ

診療科目

内科
腎臓内科
呼吸器内科
整形外科
脳神経外科
リハビリテーション科
人工透析内科(血液透析)
循環器内科 (循環器科)
消化器内科(消化器科)
外科
新生会病院の診療科目
回復期リハビリテーション
看護部
栄養課
地域医療連携室
通所介護(デイサービスセンター)
通所リハビリテーション(デイケア)
智美園ケアプランセンター(居宅介護支援事業所)

関連施設

介護老人保健施設 ひまわり

特別養護老人ホーム 智美園

介護付有料老人ホーム パークサイドコート

通所介護(デイサービス) 新生会地域デイサービスセンター

リハビリテーション科 新生会病院デイケアセンター

居宅介護支援事業所 智美園ケアプランセンター


採用情報
トップページ病院概要交通アクセス院内設備
リハビリテーション科
受付時間プールリハビリテーション外来診療表担当医師


プールリハビリテーションの様子を、
実際の動画でご覧いただけます。

ご自宅や社会へ戻ることを目標として、
集中的にリハビリを行う病棟です。

主な診療内容


各種リハビリテーション、失語症等のコミュニケ−ション障害の治療、理学療法、作業療法、言語療法、プールリハビリ

脳卒中や骨折等の為に日常生活で介助や介護が必要となった患者様に、 ご自宅や社会へ戻ることを目標として、集中的にリハビリを行います。

併設されている回復期リハビリテーション病棟の「ともにリハビリ、ともに共感、ともに回復へ」という考えのもと、患者様とご一緒に、医師をはじめ様々な職種のスタッフが患者様の目標達成の為に、力を合わせて回復へ向かうお手伝いをさせていただきます。


リハビリテーションの環境


設備の整ったリハビリテーションルームや病棟は常に明るく清潔に保っています。やさしいスタッフと余裕のあるスペースで快適なリハビリを行うことが出来ます。

館内写真 館内写真
リハビリテーションルーム リハビリテーションルーム

館内写真 館内写真
回復期リハビリテーション病棟 ナースステーション

回復期リハビリテーション 回復期リハビリテーション
歩行訓練 可動域訓練

回復期リハビリテーション 回復期リハビリテーション
作業療法 言語療法


このページのトップへ
受付時間


平 日 午前9:30〜午後12:00
午後2:00〜午後5:30
土曜日 午前9:00〜午後12:00

休診日 / 日・祝祭日
 

このページのトップへ


外来診察表


外来診察予定表を開く(ダウンロード)



リハビリ室写真 リハビリ室写真 リハビリ室写真
リハビリ室 リハビリ室
パワーリハビリ
 
ゆったりした室内に最新器具をご用意しています。最新のパワーリハビリをそろえ、介護予防、介護軽減、自立回復をはかり、豊かな人生を目指します。


このページのトップへ

プールリハビリテーション


プールリハビリテーション 当院では、全国的にも数少ない
“プールリハビリテーション”を行っています。

平 日 午前9:00〜午後12:30
午後2:00〜午後17:30
土曜日 午前9:00〜午後12:30

休診日 / 日・祝祭日
リハビリテーションプール写真

 水の4大特性をいかしたリハビリテーション
  1. 浮力−体重減少、免荷
  2. 粘性抵抗−負荷強度の設定
    (自分自身で運動強度を設定できる)空気中の19倍の粘性抵抗がある。
  3. 温水−リラクゼーション、痛みの軽減
  4. 水圧−静脈還流の促進、むくみの軽減  など

当院プールリハビリは、病気により喪失した、生きていく「自信」を取り戻すリハビリです。筋力、関節可動域の機能回復だけが、リハビリ=ゴールではありません。水の中で“自由に動ける”こと、“あっこんなに動ける”ことが患者様の次へのステップ(自信)へとつながります。リハビリとは病気で喪失したものを埋め合わせるだけのものではありません。障害を持ってからの新しい“生き方”を自らの手で選択しないといけません。プールは、新しく生まれ変われる自分の胎動に気づいて頂くための、いわばインキュベーターです。リハビリとは病で喪失したものを埋め合わせるだけのものではありません。病気は“本当の自分”に気づくためのチャンスだったと思って頂きたいと思います。プールはいつも笑顔と笑い声がたえません。

人間の身体の70%が水でできていることに思いをはせることが、プールの中で理学療法士と患者さん、あるいは患者さん同士が楽しい絆でつながっていることも自然なことかもしれません。

水中運動が初めての方でも、安心してできるように理学療法士がマンツーマンで指導しています。


 指導内容の特徴
ハロウィック水泳法   wats(ワッツ)法など
 設備概要
水深:110cm 横:15m 縦:4m 水温:33°
重度障害の方には、リフトにて入水して頂きます。

プール用介助リフト 手摺つきの階段 手摺つきのプール
プール用介助リフト 手摺つきの階段
手摺つきのプール

 適応疾患
脳血管疾患、整形外科疾患、脳性麻痺、神経変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、ギランバレー症候群など)
 主な研究会
福岡水中運動研究会(当院にて開催中)

プールリハビリテーション動画
プールリハビリテーションの様子を、実際の動画でご覧いただけます。

事例1) 60代女性 脳梗塞 初めてのプール
「最初は水が怖くて入るのがとても怖かったです・・・歩くのがやっとでした」
【半年経過】 「固かった体の動きも柔らかくなったし、うまく動かなかった足に力がついた気がします」
【1年後】 「麻痺のある体でクロールや平泳ぎが出来るなんて自分でも驚いています!病気になって障害はあるけれど、“できる自分”を発見できた喜びはこれからの生活に勇気と希望をもたらせてくれました!」

事例2) 60代女性 変形性膝関節症(両膝手術あり)プール利用経験あり
「膝を手術してから痛みがあって歩きがよくないです・・・水中での運動がいいと聞きました」
【1ヶ月後】 「水の中は、温水で暖かいので痛みを感じないですし、歩くのがとても楽です。」
【2ヶ月後】 「水中で歩く練習が十分に出来て自信が持てました!陸上でも同じように歩けると思います。」
【現在】 痛みもなく歩行できます。

事例3) 70代女性 脳梗塞 初めてのプール
「病気になってから、閉じこもりがちで手足も固くなってしまい・・・プールを始めることによって何かかわるかも・・・」 「でも初めてなので怖いかな」
【2ヶ月後】 「水の中でこんなに自由に動けるなんて凄いです!水温もぬるま湯程度なので寒くなく、リラックスできます。今まで車いす中心の生活でしたが、歩行も出来るようになりました!」
【1年後】 「プールを始めていろんなことに自信がついた気がします!今年は海外旅行にフランスに行ってきます!」
【家族】「妻がいろんなことに自信をもって、日常生活も活発になりました」

事例4) 10代 脳性麻痺 プール経験あり
「プールは初めてでないけどプールリハビリがしたいです。 陸上では足首が下向きで歩くのがうまく出来ません・・・」
リハ【リハ】「プールの中では自由に動けるから、今まで出来なかった動きを取り入れてしっかり自信をつけてください。脳性麻痺の方の多くは体幹筋力が弱いです。水の中で浮き具を使っての自由な動きや、水泳を行うことによって体幹筋力が強化できます。で、まずはクロールから…」
【1ヶ月後】 「学校では泳ぎが出来ないから・・・無理です。」
【2ヶ月後】 「15m泳ぐことができました!体幹筋力もしっかりしてきた!」
【半年後】 「25m何とか泳ぐことができた!障害者水泳大会にでます!」
リハ【リハ】「脳性麻痺とクロール・・・現代のリハビリとはかけ離れた組み合わせに思えますが、プールを通して次の生きていくステップ(自信)につながったと思います。」

事例5) 50代 神経変性疾患 リハビリ開始から1年経過
「初めて来院したときは車いすでした・・・」
【1ヶ月後】 「水が怖くて手摺を持っての歩行がやっとでした。」
【3ヶ月後】 「手摺なしで自由に水の中を歩行することができました!時には平泳ぎも!?
【半年後】「水中で自由に動くことができたので、陸上でも自由に動けるのかなと思いましたが、陸上でも歩くことができました!」
【現在】 筋力・バランスも向上し、車いすなしで歩行可能です。


このページのトップへ

担当医師


 脳血管疾患等リハビリテーション・呼吸器リハビリ テーション
 桑原 美保(回復期リハビリテーション病棟専従医)
 力丸 伸樹(院長・一般内科)  東雲 俊昭(内科部長・一般内科)
 頴原 隆 (呼吸器内科)  高橋 真由(産業医科大学病院)
 中野 良昭(産業医科大学病院)  吉川 公正(別府リハビリテーションセンター)

 運動器リハビリテーション
 桑原 美保(回復期リハビリテーション病棟専従医)
 伊藤 謙三(整形外科部長)  土屋 邦喜(JCHO九州病院)
 中村 哲郎(JCHO九州病院)  岩崎 賢優(JCHO九州病院)
 進  悟史(JCHO九州病院)  伊藤田 慶(JCHO九州病院)
 佐保 明 (産業医科大学病院)  佐藤 直人(産業医科大学病院)

    理学療法士 主任  吉田 由美
    理学療法士 副主任 是此田 雄介
    作業療法士 副主任 蓑岡 慎吾
    言語聴覚士 副主任 新森 こずえ

このページのトップへ
COPYRIGHT (C) 2007 SHINSEIKAI-HOSPITAL GROUP ALL RIGHT RESERVED